2012年09月18日

猛反対


我が家の家族構成は、 

母、自分、弟2人(うち1人は宮崎県外に就職) の現在3人住まい。 

この我が家にいる弟は、進学高校に行き、

卒業後なぜか自衛隊に入隊し、

3ヶ月くらいでやめて我が家に帰ってき、大学を受験すると言いだし、

宮崎大学を受けるものの失敗し (受験勉強よりPSPでのモンスターハンターに集中していたため)、

さらに次の年も同じように失敗しているダメ男です。

現時点でもテレビ見ながらゲラゲラ笑ってますたらーっ(汗) 

バイトしても続かず (コンビニ2日間、フォークリフトの資格を取得し物流会社でのバイト2日間) 家にお金を入れることもなく、

ケータイ電話料金すら毎月母に払ってもらい、

みごとに日本の失業率UPに貢献している本物のマダオ(まるでだめな男)なのです。

それをふまえてお読みください。



まず母親におだやかに詳しい説明を踏まえて

「ワーキングホリデー制度を利用して、オーストラリアに行こうと思ってる」と伝えました。



そして母



大激怒

「あんた仕事はどうするのね」

「この家はどうなるのね」

「弟はどうするのね」  (知らんがな)


全く聞く耳もたず、避難の雨嵐あせあせ(飛び散る汗)

ひたすら説得し続けました。

現状は未だに変わっていませんが、

なんとなく 弟が就職して、

家にお金を入れるようになったらいいよ 

的なことをチラっといったので、弟をハローワークへ連れて行こうとしたら、


「今年、宮崎大学を受けるから行かない」


あきれるのを通りこして言葉もでませんでした。
「せめてバイトして家にお金入れろよ」と言いましたが聞く耳もたず。

ちなみに母と自分の言うことは全く聞きません。



今年のお盆、訳あって自分ひとりで焼酎片手に親戚の家を何軒かまわり、

「ワーキングホリデー」に行こうと思っていることを伝えると


大反対されました。 

当然といえば当然ですが・・・

「あんたの弟よりひどいことをしようとしている」 とまで言われました(それはないだろ)。

泣きそうでした。

なかなか理解者が見つからず、自分がやろうとしていることはまちがっているのかなと思い始めた頃、

会社で1番信頼しており、尊敬している上司に相談してみました。

 そのひとは大変な病気にかかり、約1年間休職し、

現在も病気と闘いながら仕事をされている方で、

「うーん、5分5分かな〜、でもね、人生楽しまないといけないよ。自分で病気をしてわかったけど、自分が本当にやりたいことを迷いなくやっている人が人生の勝者だよ。新しい世界に飛び出すなら応援するよ

やはり味方がいるのは心強いぴかぴか(新しい)


さらに飲み仲間の友達に相談したところ

「ワーキングホリデー、何がしたいか決まってるならいいんじゃない?」

後・・・

後・・・


そういえば1年でワーキングホリデーが終わり、その後は何がしたいんだろう?

深く考えたことはなかったかも。

うっすらとやりたいことはいろいろあるんだけど・・・

続きはまた明日。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



ランキングに参加しています。
下のバナーを押してもらえるとポイントが入ります。
励みになりますので、1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村








posted by たかし at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。