2012年10月01日

全世界対応プラグ



ようはコンセントの差し込み口(プラグ)のことですね。プラグは国によって形状がちがいます。こちら参照


日本のパソコンやデジカメをそのまま海外へ持っていっても、充電器など使うことができません。そこで変換プラグの登場です。自分が購入したのは、 全世界対応プラグ」。


こちらは国にあわせて、自分でロボットのように組み立てて使用することができます。


、しかし全世界対応プラグがあるだけでは日本の電化製品は使えません。海外用変圧器も必要なのです。


ヤマダ電機の店員に聞いたところ、「今の家電はほとんどの国で変圧器がなくても使用できます。家電の対応電圧を見ていただいて、範囲内なら大丈夫です。ただし、パソコンなどの精密機械は変圧器を使用することをおすすめします。」・・・結局どっち?



今、変圧器を買おうか、かなり悩んでいます。だって、見た目はコブシくらいのおおきさだけど、値段が高いし、重いし。重いがゆえに、落としたりしたらすぐ壊れそうだし。



自分的には全世界対応変圧器がほしいのですが、軽く1キログラム以上はありそうな重さです。バックパックに入れて持ち運びする時、腰にきそう。



もっと軽くなって、安くならないかな。店頭で見たときは確か¥5000円以上だったような・・・ちなみにプラグは¥2000円以内で買えました。



どうせなら全世界、プラグの規格を統一して、電圧も一緒になればいいのに。まぁいろんな事情がありそうだから無理か・・・。


ランキングに参加しています。
下のバナーを押してもらえるとポイントが入ります。
励みになりますので、1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村



posted by たかし at 15:10| Comment(0) | 準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。