2012年11月27日

バリ島初日

現地時間で夜の9時到着なので、

辺りは真っ暗です。

とりあえず観光ビザ2500$(アメリカドルでの支払い)を取得し、

入国審査へ。

機内で税関報告書は配られたけど、

入国審査カードは配られなかったので、

到着してから地球の歩き方を見ながら記入。

添乗員になぜか入国審査カードは到着してから

記入してくれと言われていたので、

現場は大混雑してました。


入国審査はかなりドキドキしますが、

あっけなく入国審査をパスすると、

荷物受取へ。


地球の歩き方にポーターに注意と書いてありましたが、

確かに荷物のそばに10人くらいいます。

荷物を受け取ったら出口はすぐなんですが、

ポーターは無理やり荷物を奪い、

出口まで運んで法外な値段を請求してくるとのこと。

自分のバックパックを見つけ、

手を伸ばそうとすると、

ポーターがすかさず、

「コレワ、アナタノニモツネ〜?」

といって担ごうとしたので、

「NO!」

といい、荷物を探すふりをして、

すきを見て自分のバックをゲットし、

税関申告へ。

あっけなく税関申告はスルーしたので、

次は両替です。


同じような両替所がずらっと並んでおり、

みんな笑顔で手招きしてます。

町の両替所はいろんなトラブルがあると聞いていたので、

多少レートは悪くても、

持っていたアメリカドルを少し両替しました。

IMG_0122.JPG

50000ルピアが約430円です。

財布がパンパンになりました。




そして、ホテルに向かうため、

安全と言われる空港タクシーへ。

なんと荷物を持って運んでくれ、

トランクに入れてくれます。

日本じゃ当たり前だけど、

シドニーではセルフだったので…

愛想も悪かったし…


やはりバリは観光地なので、

運転手さん片言の日本語話せます。

そしてめちゃくちゃフレンドリーです。


タバコ買いたいと言ったらコンビニに寄ってくれて、

お金を払うときに、札束の多さにまごついていると、

足りない分のお金を自分のポケットマネーから出してくれたので、

一箱チップとしてあげました。

コンビニの店員もニコニコして、

「ユックリデイイヨ〜」

と言っています。

何度も言うけど、シドニーとは大違いです。


そんなこんなでホテルに到着。

一泊1000円くらいのシングルなので、

リゾート的な感覚はなく、ただ寝るだけの部屋ですが、

いままでドミトリー生活だったので、

久しぶりの一人部屋です。


まだ、ホテルの食堂が開いていたので、

ナシゴレンを注文。

日本でいう、焼き飯なんですが、

これがメチャメチャうまいです。

そして、200円もしないという安さ。

さらにビンタンビールを購入。

ビールも格安です。


その後、部屋に戻り爆睡しました。




posted by たかし at 12:59| Comment(0) | バリ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バリ島へ



泊まっていたホステルをチェックアウトし、

シドニー国際空港へ。

よく考えたら、日本からバリ島へ行く人は大勢いるけど、

シドニーからバリ島へ向かう日本人なんているわけもなく、

ジェットスター航空なんですが、

日本語全く通じません。

なんとか飛行機に乗り込むことはできたけど、

ぐったりしてました。

英語話せないと、疲労感MAXです。


まぁ飛行機の添乗員はなぜか半分は日本人だったので、

安心感はありました。


シドニーからバリ島まで約6時間。

格安航空券なので、

飲み物、食べ物は当然有料です。

やはり機内食は高いのでケチってしまい何も頼むことはなく…

約6時間、何も飲まず食わずでバリに到着。



posted by たかし at 12:29| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。