2012年12月14日

髪が伸びてきたので… in バンコク



日本を離れ、

ちょうど1か月が過ぎました。

今までの人生で、

だいぶ中身の濃い1か月でした。

毎日が冒険で、

自分の中の価値観、

考え方が変わってきているような気がします。

今まで当たり前と思っていた常識は海外では通用しません。

水道をひねればきれいな水がでる、

お湯がでる、

空港の職員、タクシーの運転手がまじめ、

歩行者は守られて当たり前、

店員はお客様をもてなす、


などなど、

たくさんでてきますが、

これは日本だけの常識です。

そしてオーストラリア人はもちろん、

アジア人は英語しゃべれます。

母国語しか使わないのは日本人だけかもしれません。





かたい話になってしまいましたが、

さすがに髪も伸びてきたので、

髪を切りにいきました。

海外初です。

当然言葉も通じず、

何とか身振り手振りで伝わった時に、

店の電話が鳴り、

店員は話をしています。

うかつにも眠気が襲ってきて、

寝てしまい…



気づいたときは、

バリカンが髪の毛を一刀両断していますexclamation

どこでどう間違ったか、

なんと「ぼうず」になっちまいました。

20年ぶりです。

店員も「本当にいいのかなぁ」と言う顔をしてましたが…

一瞬、「鏡に写ってるの誰?」と思いましたが、

自分でした。

日中35度を超えることもあるので、

今までと違いなかなか涼しいです。

頭皮が日焼けしないよう気を付けたいと思います(笑)



おまけ  タイ名物 トゥクトゥク

IMG_0306[1].JPG

タクシーの普及であまり元気がないみたいです。

一回乗ってみたけど、

三輪なんで安定感悪いし、

暑いし、

排気ガスは吸ってしまうし、

おまけにタクシーより値段が高いです。

一回乗れば十分かと…



ラベル:トゥクトゥク
posted by たかし at 19:57| Comment(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコクの屋台


今日寝起きで、

タイの朝食、「おかゆ」を食べてみようと思い、

寝ぼけまなこで屋台をさがしていると、

車に引かれそうになりましたあせあせ(飛び散る汗)

大きな道路でも横断歩道には歩行者信号がついていないか、

ついていても電気がきていません。

タイミングをみて渡らないといけないのですが、

なかなかつかみづらく、

通りかかったタイ人をまねて道路をまたいでます。

屋台の「おかゆ」25バーツ(約75円)

IMG_0332[1].JPG


ネギ、ショウガ、肉、生卵など

いろんなトッピングが選べます。






そして昼ごはんに「カオ・パット」と呼ばれる、

日本でいうチャーハンを食べました。

IMG_0241[1].JPG

一緒についてくる、

スダチやレモンを絞りかけ食べると、

酸味が効いて絶品です。

このネギはどうやって食べたらいいかわからず、

店員に聞いたらそのままかじるみたいです。

まんまネギでした。


ホテルや町中のレストランだと、

100バーツ(約300円)ほどですが、

屋台で買うと20バーツ(約60円)で食べれます。

レストランだと腹6分目ぐらいで満腹にはなりませんが、

屋台だと味は多少劣りますが、

白い容器にびっしり入っているので、

かなりお腹いっぱいになります。

衛生面の悪そうなところもあるので、

そういうところは避けてます。

タイ人は満腹にならない分を屋台で補っているみたいです。






IMG_0325[1].JPG

この20バーツはタイを旅行するうえでとても便利なので、

常に財布の中にたくさん携帯するようにしています。

タクシーや屋台などでも大きな札をだすと、

「おつりがない」といわれることが多々あります。

電車賃も4駅くらいで22バーツだったりするので…

そこでコンビニでは大きな札で支払いをして、

20バーツをたくさんストックしておきます。

ホテルなどでも小さな金額に両替してくれたりするみたいです。




posted by たかし at 19:00| Comment(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。