2013年01月27日

バンコク〜ノーンカーイ 寝台特急の旅



出発地点のフアランポーン駅。

IMG_1243.JPG

体育館みたいです。

人でごった返してます。



久しぶりにワクワクしながら電車へ。

20:00

定刻どおり出発。



あらかじめ取っておいたチケットは、

1等客室の二段ベッドの

下は人気があるらしく、

値段が高いです。


あまり考えてなかったけど、

個室で2人部屋。

っていうか2段ベッド。

つまり知らない人と相部屋…

自分の場合、

運がよくて、

予約が入ってなかったのか1人部屋になりました。




一応飛行機みたいに流れがあって、

まず夕食、朝食の注文をとりにきます。



そして夕食。

オムレツ頼んだら、

ご飯の盛られた皿と、

玉子焼きの平べったい奴??が別々の皿で出てきました。

手作りだったけど、

せめてケチャップ欲しかったあせあせ(飛び散る汗)



夕食を食べ終わると、

ベッドメーキング開始。

乗務員が手際よくソファーをベッドに組み立て、

シーツを敷いて完了。

IMG_1260.JPG


当然ネットもつながらないし、

外は真っ暗だから景色も見れないし、

あとは寝るだけ。



夜行バスと違って、

やっぱり横になって寝れるのはうれしいです。


部屋のカギをかけ、

電気を消すと真っ暗。

あとは寝るのみ。



聴こえてくるのは、

線路を走る電車の音だけ。





ガタンゴトン、

ガタンゴトン、

ガタンゴトン…








もとい、












ドガッ!!、ガゴッ!!、ボゴン!!、ドン!!








日本みたいに線路事情がよろしくないのか、

振動と音がすごいです。

ものっっっそ揺れます。



寝れるかなと思ったけど、

意外と爆睡。









朝6時半、

乗務員にたたき起こされます。

そして朝食。

IMG_1282[1].JPG


からの夕食と朝食代の精算。

運賃に含まれてないのかなと思い、

いくら?

って聞くと

380バーツ(約1100円)。


くっっっそ高ぇぇぇぇぇ。

そんなにいいもの食ってないのにあせあせ(飛び散る汗)


380バーツあったら、

うまいタイ料理が7食は食べれるし、

頼まなきゃよかったと、

だいぶ後悔。




外がだんだん明るくなり、

景色が見えるようになります。

IMG_1290[1].JPG

のどかな田園風景が広がっていました。





トイレは、

揺れるからか、

床はビシャビシャ。


朝になると、

トイレ前の通路までビシャビシャです。

唯一のデッドゾーンです。

つま先立ち必須です。



電車内は基本的に禁煙だけど、

トイレ横の連結部分ではOKみたいです。

ただドアが壊れてて開きっぱなしなので、

気を抜いたら電車から振り落とされます。

IMG_1283[1].JPG

デッドゾーンで滑って、

電車から滑り落ちるとかシャレにならないんで、

気合をいれてタバコ吸ってました。





AM9:30

到着予定時刻から遅れること1時間。

ノーンカーイ駅に到着。






今、日本に寝台列車があるかわからないけど、

すごく貴重な体験をすることができたと思います。

日本から消えて行った寝台列車は、

タイに寄付されたらしく、

自分が乗った車両も、

もともとは日本を走っていたのかもしれません。



ちなみにバス同様、

クーラーが効きまくってて、

寒いです。

常にトレーナー着てました。




ランキングに参加しています。
下のバナーを押してもらえるとポイントが入ります。
励みになりますので、1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


posted by たかし at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。