2013年05月29日

バッパー 本当にあった〇〇な話??



相変わらずバッパーで寝泊まりしてます。

立地が良く、下の階もバーなので基本的に金曜、土曜の夜だけは満室になります。

そしてうるせーです(^_^;)

それ以外の曜日はガラガラで静かになります。


現在の6人部屋はボブが去り、カビゴンと2人きりか〜と思っていたら、

カビゴンが仲間を呼び寄せた模様。

これまたマツコデラックスばりの体格の良さ(^_^;)

肉食系ならぬ、お肉系女子が2人になりました。

類は友を呼ぶってか??




今まで、東南アジアも含め、

様々なバックパッカーズやゲストハウスに泊まってきたけど、

とにかくいろんな人がいました。



キッチン編

自炊の味方、即席ラーメン(カップ麺ではない奴)を、

アジア系の人はちゃんと鍋で茹でて作るんだけど、

欧米系の人は、袋からだした麺をお椀に入れ、

調味料を入れ、熱湯を注ぐだけの人が多いです。

麺、絶対固いと思います(ToT)

あと、カップ焼きそばの湯切りが分からなくて、

3分たったら、そのまま調味料を入れ、

旨そうに食べてる人もいました。

おもしろかったんで、そのまま見学(笑)


最近気づいたけど、日本で見たことのなかったコレ。

IMG_3507.JPG

食用油スプレーです。

フライパンに吹き付けるだけでムラなく、ムダなく油が使えます。

今のお気に入りグッズです(^O^)



寝泊まりする部屋編

いろんな国の様々な人と相部屋になるわけですが、

見ているだけでおもしろい人もいます。

1、あきらかに泊まるホテルのランクを間違え、戸惑っているアジア系のおばさん。
  
  なんでキッチンがあるの?
  
  なんで料理作ってんの?
  
  なんで2段ベッド??しかも多人数一緒??
  
  若者しかいない…
  
  っていう顔でものすごく視線を感じたことがあります。
  
  全部がそうじゃないけど、基本的にバッパーは、
  
  きたない、うるさい、散らかってる所が多いです。


2、バッパー初心者
  
  初めてバッパーに来たであろう、アジア系女子。
  
  暗黙の了解で、顔を合わせたら挨拶するのが決まりのような感じがしますが、
  
  みごとにスル―されました(^_^;)
  
  言葉が通じなくても、挨拶さえしとけば気まずさはないんだけど…
  
  というか部屋にいる間、ベッドに腰掛けたままフリーズしていました(笑)
  
  たまに部屋の外に出てましたが、
  
  部屋に入るとき、必ずノックして入ってくるっていう、真面目っぷり。
  
  気を使わなくていいのに(笑)
  
  欧米人を見習いなはれ(^_^;)
  
  男女MIX部屋に戸惑ってたんなら、女性専用部屋に移れば良いのに。
  
  カビゴン、お前に言ってるんだぜ(-。-)y-゜゜゜
  
  

3、祖国では金持ちの坊ちゃんであろうインド人
  
  ある日、びっくりするくらいの大声で「Hello!!」と部屋に入ってくるインド人男性。
  
  自分のベッドは、部屋入口から離れているのにも関わらず、
  
  わざわざ自分の前までやってきて、「Hello!!」と大声であいさつしてきた(^_^;)
  
  そして、自分のベッドはどこかと尋ねてきた。
  
  知らんがなと思いながらも空きベッドをさがし、
  
  指さすと、
  
  「ベッドメーキングがされてないから、そこじゃない!」と。
  
  (;一_一)
  
  自分でやるように言うと、渋々うなずくインド人。


  同じ空間にいると、めんどくせーなと思い、

  自分は夕食を作るためキッチンへ。

  そしたらこのインド人もすぐキッチンへやってきた(^_^;)

  当然だけど、自分で使ったものは自分で洗うのがルール。

  夕食を食べ終わり、食器をワシャワシャ洗ってると、

  インド人が横にやってきて、なんと食器を差し出してきた。

  洗えと言わんばかりの顔で。

  (;一_一)

  「NO!!」

  と言うと、なんで?っていう顔でこっちを見てる。

  わしゃ召使いか(笑)


また思い出したら書こうと思います(ToT)/~~~

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


posted by たかし at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストラリア 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。