2012年10月17日

緊張の「退職届け」



自分の退職の仕方は悪い例ですので、決して真似しないでください


以前から同僚には、さりげなく辞める的なことは言っていたのですが、

致命的なミスを犯しています。

なんと上司には言っていないのです。



ですが、あらためて本日、「退職届」提出してきました。


もちろん今まで退職願なんて書いたことないので、

「退職願いの正しい書き方」を参考に便箋に記入しました。



書いてるときは特に何も思わなかったのですが、

いざ渡す時になると、変な緊張が襲ってきました。

いつも見ている上司がやたらデカく見えます。

前から決めていたことですが、

「本当にやめるんだ?」という、

自分を客観的に見てる、第三者の自分がいました。




複雑な気分で

「10月いっぱいで退職したいのですが・・・」

と切り出すと、

当然ですが、質問攻めにあいました。
「10月いっぱいって、もうあと2週間しかないじゃないか」

「人間関係でいやなことがあったのか?」

「今の仕事はきついか?」

「部署変えしたらどうだ?」

等々・・・。



質問責めが止まらないので、

切り札を出しました。

11月12日、成田発、シドニー行の航空券です。

上司は絶句しました

航空券が印籠に見えました。

「本当なんだな・・・あせあせ(飛び散る汗)

と上司。


それから「考え直す気はないか?」と何回かは言われましたが、

話はどんどん進んでいき、

有給申請もしてきました。

明日から、有給ライフです。


引き継ぎに関しては、

前々からシレッとやっていたので問題ありません。



後で知ったことがあります。

法律的に、基本的には退職する、しないは自由らしいのですが、

退職届けを提出して、実際に退職するまで最低限必要な期間は2週間らしいので、

今日がちょうど2週間前です。

まぐれです。

こういう部分の強運はもちあわせています。



会社から家へ帰るとき、ものすごいブルーな気分でした。

風呂入って、飯食ってもブルーです。



しかし、ビールを飲んで、

生き返りました

るんるんヒーハーるんるん

そう、根は単純なのです。






冒頭にも書きましたが、

悪い例ですので、決して真似しないでください

最低でも、辞める1ヶ月前までには、

直属の上司に相談しましょう。

そして、話し合いを踏まえたうえで、

退職日を決定し、退職願いを提出するのが

正しい手順です。

自分の場合、仕事の都合があったのもありますが、強行突破です。

会社側には嫌がられるので、気を付けましょう。

ランキングに参加しています。
下のバナーを押してもらえるとポイントが入ります。
励みになりますので、1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村


posted by たかし at 20:47| Comment(1) | 準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして〜
たかしさんのブログ拝見させていただきましたー!
強行突破・・・ちょっと怖いやめ方ですが、
がんばってくださいねー!!あと一ヶ月もないじゃないですか!!
私もオーストラリアには住んでいたので、現地写真など楽しみにしています!!
Posted by みかん at 2012年10月19日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。