2013年03月05日

夜中の罰ゲーム



昨日、

シンガポールからマレーシア、クアラルンプールへ移動しました。

人生3回目の陸路国境越え。

国境越え自体は順調だったのですが、

体調は絶不調でした。



体調が悪いというか、

究極の寝不足状態です。



原因はドミトリー。



規模が大きく、

かなりの人数が泊まれます。

ドミトリー自体はキレイで、

お湯も出るし、

快適だったのですが…




自分が泊まっていた、

10人部屋の壁を1枚隔てた向こう側は、

結構な広さのオープンテラス。



韓国人と思われる学生の集団がパーティをしてました。

夜中まで。

壁が薄いから声は当たり前に聞こえます。


夜眠りについたものの、

爆竹と、

単純に風船を割る音で目が覚め、

聞こえる笑い声。


むむむ(-_-メ)


夜中の1時くらいまで騒音は続き、

やっと静かになり眠りに付く



ものの



今度は欧米人にバトンタッチ。

テラスでギターを弾き始め、

大声で歌いだす…

そしてゲラゲラ笑う…


むむむ(ー_ー)!!


眠れねーあせあせ(飛び散る汗)


時計を見ると、

もう朝の4時。


予約してたクアラルンプールに向かうバスの乗車時間は朝の7時。

なので、

6時半には宿をチェックアウトして、

バス乗り場に向かわなければならない…



さすがに誰かが注意しに行ったらしく、

静かになった…

と思いきや、



今度は、

「しーっ、しーっ、クスクスクス(笑)」



あのー、

しーしー自体ボリュームがデカいんですけど

壁薄いから丸聞こえ。


結局ほとんど眠れぬまま、

チェックアウトし、

バス乗り場へ。



正直、

国境を通過した時の記憶が曖昧です。


マレーシア側のイミグレで、

隣りで入国審査受けてた女性が急に倒れ、

意識はあるものの、

倒れたまま痙攣してたのを覚えてるくらい…


普通だったら助けに入るけど、

自分も倒れそうだったんで余裕はなし。

係員が介抱してたのは何となく覚えてます。



もちろんバスの中では爆睡。



バス会社はエアアジア系列と思われる、

StarMart Express社の豪華リムジンバス。

飛行機と違って、

かなり快適でした。

さらに平日の朝ということで、

20人以上は乗れるのに、

5人しか乗ってないのでスカスカ。


途中、

トイレ休憩が一回だけありました。

運転手の気分しだいで休憩するって聞いてたけど、

真相は謎。



謎といえば、

高速の途中で何回か牛飛び出し注意の看板を見かけました。

鹿とか熊の看板は見たことあるけど(笑)



以前泊まっていたカプセルホテルにチェックインし、

速攻爆睡しました。

ランキングに参加しています。
下のバナーを押してもらえるとポイントが入ります。
励みになりますので、1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

posted by たかし at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

ご先祖様を発見したインド人街



IMG_2334.JPG

我々の先祖です(ー_ー)!!


…特に意味はないです。



現在、

インド料理にハマってます。

IMG_2343.JPG

カレーとピラフとヨーグルトです。

ヨーグルトには刻んだ玉ねぎが入ってます。

ミスマッチな感じがしますが、

暑い中歩き回ったあと食べると不思議と旨く感じます。

本場インドのカレーはおいしくないって聞いていたけど、

ここのカレーはメチャクチャ旨いです。





IMG_2317.JPG

本日シンガポール最終日、

インド人街からも近い、

有名なブギスストリートへ行ってきました。

小さな雑貨屋、お土産屋、服屋、

かなりの数の店舗があります。

旅行者向け価格なのか、

チャイナタウンより割高に感じました。




明日は再びクアラルンプールへ移動です。

シンガポールは物価さえ安ければ、

いままで訪れた国の中では間違いなくbPです。


ランキングに参加しています。
下のバナーを押してもらえるとポイントが入ります。
励みになりますので、1日1クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

ラベル:インド ブギス
posted by たかし at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。