2013年06月18日

日本のことを知らなさすぎて恥をかいた話



リアルタイムも怪しい中国人の元でセカセカ銭を稼いでます。

IMG_3694.JPG


オーストラリアは、

移民、留学、ワーホリ、旅行、出稼ぎ等で、

本当に様々な国の人がいます。


ドミトリーなんかで相部屋になって話してると、

自分の国はこういう所が観光名所で、

こういう食べ物がおいしくて、

最低〇週間は滞在したい方が良い、

こういうルートで回ると良い、

〇〇(都市名)は治安が悪いから行かない方が良い、

などなど、

当たり前かもしれないけど、

自分の国のことは観光について詳しいのはもちろん、

自国の政治についても本当に詳しいのです(・_・;)


自分が日本について聞かれたとき、

英語が苦手っていうのもあったんだけど、

初めは、SUSHI、KYOTO、TOKYOぐらいしか言えなかったんですよね。

本当に自分が情けなくなるやら、

自分にあきれるやら(-_-メ)

さらに日本の政治についてどう思うか、

中国、韓国についてどう思うか聞かれて、

全く答えられず…

逆に、

あるドイツ人に四国巡礼の旅話を聞いて、

そういうのあるんだって初めて知り、

あるマレーシア人に京都の景観はすばらしいと聞き、

行ったことないなと思い、

あるフランス人に沖縄の海は世界一きれいって言われ、

時期外れの那覇市内にしか行ったことないや

って感じで、本当に情けない思いをしております(・_・;)

海外にでるまで、いかにカッペ井の中の蛙だったことか。


だいぶ前だけど、

ドミトリーで一緒になった、あるイタリア人が、

「これイタリアのお菓子とアーモンドティー」って、

毎日のように御馳走してくれ、

もらいっぱなしで悪いなと思い、

たまたま持っていた、

インスタントのイタリアンコーヒーをあげるっていう凡ミスを犯し…

それでもすごく喜んでくれて、

さらに大量のお菓子をくれたり…

あとでイタリアンだったことに気づき、

こんなに気配りのできない人間だったのかと、

これはリアルにへこんだかも…

たまに同じ年の人もいたけど、

本当に考えがしっかりしていました。

この時、本当に大人になろうと心に誓ったし、

このころから日本について若干ではあるけど、

知識を詰め込み始めました、

実際に行ってみるのが一番いいんですけどね。

あと世界大戦絡みのことや、

アメリカについてどう思うかなんかもよく聞かれます。


長期で海外に行くのなら、

本当に自分の国のことを勉強してから行った方が良いかと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


posted by たかし at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

ワーホリ悪い例 あやしい中国人のもとで…



アデレードのYHAで何となく仲良くなったフィリピン人。

出稼ぎに来てるみたいです。

何か知らんけど、

デカい工具箱持ってたし…

仕事探してるなら一緒にこないかってことでついていくことに…



大きな地図で見る

というわけで、

現在、Penola(ペノラ)という町にいます。

アデレードセントラルバスステーションから、

マウントガンビア行のバスに乗り、

到着。


怪しげな英語を話す中国人のボスの元でのファーム仕事なんですが、

キャッシュジョブ(銀行振り込みでなく、手渡し)なんで、

たぶん違法かな??

なのであまり詳しくは書きません。


これでタックスリターン申請(確定申告)しようものなら、

逆に払わなきゃいけなくなりそう…

まぁ税金引かれてないんで、

なかなか良い稼ぎになります。

これで雨が多くなければ…

今いる地域は冬の間は雨が多いです。


話は変わるけど、

オーストラリアで、ウールワースやコールスに次いで多いと思われるスーパーIGA。

主にアジア系の食材が多いです。

そして安いです。

その分、例えばコールスなんかのしっかりしたところで買ったタマゴ、

白身はゼリーみたいでプルプルしてます。

フレッシュ感満点です。

IGAで買った安い卵の白身、

です。

悪い方にみずみずしいです

目玉焼きを作るときに卵を割ると分かるんですが、

水みたいに広がるんですよね。

今のところ腹を壊したりはないんで、

大丈夫だとは思いますが…



それと絡めてって訳じゃないんですが、

またもや中国の食品関連のニュースが賑わいをみせてますね。

知ってる人も多いかと思いますが、

服や食品なんかのタグに付いてる「Made in 〇〇〇」という生産国をあらわす表記。

さすがに中国産は世界中の人々から敬遠されるようになり、

アメリカなんかでは、

主に口にするものに関して、

「チャイナフリー」、

中国産ではない、なんて表示もされるようになっています。


なぜか中国側は日本のせいにしてますけどね。

訳わからんすね(;一_一)

反論が幼稚です。

さらに最近では、

「Made in Chaina」では売れないと思ったのか、

Made in PRC」と改め、

原産国がどこかわからないようにして商売してるみたいです。


誇らしいことですが、

「Made in Japan」は本当に信用があります。

日本産としていれば安心して商品を購入できるみたいです。

そこに目を付けたのが、これまた中国や韓国の企業。

日本にいる時はパクリといわれても全然実感がわきませんでしたが、

日本以外の国にいると分かりやすいのです。

パクリ商品はたくさん見かけるし、

商品に日本語を使ってたり、

「日本の田中さんがつくりました」なんて英語で書いてあったり。

物を買う時に裏表紙を確認するクセがあるんですが、

よくみると「〇〇〇有限公司」って書いてあり、

中国産ですからね(;一_一)

「Made in RPC」には気を付けましょう。


ってなんでこんなことを書いたかっていうと、

話は戻るけど、ファームオーナーの中国人。

この人を見てると、

そういうこと平気でやりそうだなって思ったもので(^_^;)


にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

posted by たかし at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストラリア 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。